ある意味合いでは大きなチャンス

ある意味合いでは大きなチャンス

円錐角膜患者さんが白内障となりました場合、ある意味では大きなチャンスありますとも言えます。すなわち、このようなにまで左右差が大きかった状態や、強い乱視などを眼内レンズによって矯正可能で、場合によりましてはハードコンタクトレンズから解放されてしまう可能性もあるからということであります。?ただし円錐角膜に対する白内障手術は主に2つの点で難しいといわれている。1つめは眼内レンズ度数計算の誤差です。通常は術後どみたいに患者さんが目に持ち込んだいか、ライフスタイルなどをお聞きして度数を合わせます。しかしこの計算式は正常の方を対象に作成さているため、どうしても誤差が生じてしまいましたとしてましたんだとしてましていますのです。こやつを予防するために、現在は円錐角膜の方用に角膜パワーを補正した計算式を利用しましましたり、術中に測定可能なORAシステムを使用し誤差を極力減らすようにしているのです。2つめの簡単ではない点は、眼内レンズの選択です。術後ハードコンタクトレンズが必要なさそうな軽度の円錐角膜の場合は、乱視矯正つきの眼内レンズがよい適応になってくるでしょう。術後もハードコンタクトレンズが必要な中等度から重度の円錐角膜の場合は、乱視矯正つきの眼内レンズは適応になることはない。また円錐角膜にみたいな不正乱視がある場合、基本的に多焦点眼内レンズは適応にならない。しかし最近、円錐角膜などの不正乱視の方でも対応出来る、遠近眼内レンズが登場してしまおりました。ピンホール眼内レンズは、眼内レンズに絞りがついており、不正乱視の影響を減らすことができるとともに、ピンホール効果により遠くから近くまでピントを合わせることが出来ます。

トップへ戻る