少しでも裸眼視力を改善させてみたい

少しでも裸眼視力を改善させてみたい

角膜内リングは角膜内に透明なリングを手術で入れることで、角膜の形状を改善させて、乱視などの角膜の歪みを矯正する方法です。どういうな方が適応になるかというと、ハードコンタクトレンズが装用出来ず、少しでも裸眼視力を改善させたい場合があげられます。ただし角膜リングでの矯正効果はハードコンタクトレンズよりは劣るので、重症度が高い方はこの目的には不向きです。もう一つの目的としては、ハードコンタクトレンズのフィッティング改善です。どうしても円錐角膜の場合、角膜がとがっているために角膜の同じ場所がコンタクトレンズで擦れて傷が出来て痛くなったり、角膜が白くなったりして見づらくなることがあります。角膜リング手術で角膜の突出を和らげてあげ、コンタクトレンズが乗りやすくするのももう一つの目的です。当院では現在、フェムトセカンドレーザーを使用して角膜リング手術を実践していますのです。フェムトセカンドレーザーを使用することで安全に角膜内の正確な位置にリングが挿入可能となってくるでしょう。手術はだいたい15分です。

トップへ戻る