治療が遅れると重大な視力障害

治療が遅れると重大な視力障害

胎生期におきまして眼球の発育過程における、隅角の発達異常が生じた場合、房水の流出障害をきたすと緑内障になってくるでしょう。生後まもなくもしくは幼児期に発症しますが、特に後者を発達緑内障と呼ぶことがあげられます。常染色体劣性遺伝の形式をとり、やや男児に多い傾向がありながら、遺伝子の発現頻度は低く、両親が保因者(キャリア)でありましたとしても生まれた子どもに発症する確率は低いと言われていますのです。乳幼児は自分で症状を表現できなくなりましてしまったので、早期発見・早期治療のためには次に挙げる初期症状を見逃さないことが重要です。乳児が光を嫌い、眼を固く閉じ、涙を流す(他の原因でも出やすい症状ですので早合点は禁物です)。角膜浮腫 眼圧が上がると角膜が白っぽく混濁します。当初は泣いた時に症状が発現します。眼圧が上昇した状態が持続すると眼球が伸展されて大きくなり、角膜径も増大します。こやつを牛眼と呼ばれます。鑑別すべきものとして先天巨大角膜(角膜が大きいだけで緑内障ではない)や他の原因による角膜混濁があります。原発先天緑内障の治療は成人とは異なり、手術が第一選択です。薬物治療は手術までの間のつなぎ、または手術後の補助的な治療として行われる。早期の手術によって眼圧が正常化するならば視力予後は良好ですが、治療が遅れると重大な視力障害を保留してしまってましているのです。

トップへ戻る